読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柚子湯

猫をこよなく愛する共働き夫婦の日常

梅を撮影して春を感じましょう

まだ寒い日が続きますが、春の訪れを感じることがあります。

それが、梅を見ること。

桜に比べると地味で、花見という感じでもないですが、まだ寒い時期に梅園や盆梅展を見ると、春が来るんだなーと思って嬉しくなります。

桜に比べて何が地味って、木が小さいことでしょうか。

花のボリュームも少なめ。でも、いい匂いがします。

 

先日お雛様を見に行った帰りにちょっとした梅園があり、一眼レフカメラで撮影しました。

お天気も良く、歩いているだけで、幸せを感じるほど。

 

 

携帯カメラでも綺麗にとれますが、鮮明さやズーム力はさすがの一眼レフ!

カメラのことを何も分からないまま、セットで買ったズームレンズですが、自動モードで押すだけでもかなり満足です。

今回は屋外でしたが、暗い所の撮影にも強いのもいいところです。

 

ただものを眺めるのってけっこう難しくて、カメラがあると、じっと集中して見られるし、後で見返すこともできる。

なんでもかんでも、カメラで撮ってばかりでは味気ないですが、やはりカメラは楽しいのです。

 

今回の撮影スポット

奈良県立民俗博物館の民博梅園でした。

3月初旬だったので、ぼちぼちの開花。今ならもっと綺麗だと思います。

近くの雑木林では鶯も鳴いていました!